歯についてしまったヤニ取りをする方法

 喫煙の習慣がある場合に切っても切れない関係にあるものが歯に付着してしまうヤニです。ヤニの原因は煙草に含まれるタールによるもので、歯についてしまうとステインと呼ばれる着色汚れに変化しちょっとやそっとのことでは取れず、蓄積していくことによって黄色く変色していき最終的には黒ずんでしまい他の人への印象を悪いものにしてしまったり等の弊害を生んでしまいます。そんなことを少しでも減らすためのヤニ取りの方法を見ていきましょう。
 まず初めにヤニ取りと聞いてすぐに思いつくのは歯科医院の利用する方法です。保険が適用されずヤニ取りのみにするかホワイトニングもするかや、利用する医院によって金額もまちまちではありますが、専門家からの意見を聞くこともできるし行くだけでいいので、時間とお金に余裕がある方には良い方法です。
 次はヤニ取りを目的に作られた歯磨き粉を使用する方法です。昔ながらのヤニ取り歯磨き粉は荒い研磨剤によって目的とは逆に歯を傷つけることもあったのですが、最近のものは粒子が細かくヤニ取りにも効果のある研磨剤を使用することで上記のように傷つけるようなことはなくヤニ取りを行うことができます。
 上記の方法以外にも色々な方法があるのですが、もしヤニ取りが上手くいき自分の希望する色の歯を手に入れたとしても、生活習慣がそのままではせっかく白くしても元の状態に戻ってしまうことも十分に考えられます。ですので、ヤニの付着を防ぐという予防もセットで考えることで長く白い歯を維持することができます。